幼児教育教材おすすめ3選を紹介!体験談とともに解説

ストライダーの2歳の練習方法!慎重な子でも夢中になれるコツを紹介

今、2歳の次男がストライダーに夢中です。

どこの公園でもストライダーを乗り回し、本当に楽しそうにしています。

ただ、ストライダーも最初から乗れたわけではなく、練習には段階を踏みました。

今日は、ストライダー好きの2人兄弟を育てる中で学んだ、「ストライダーの練習方法のポイント」について紹介したいと思います。

また、慎重なタイプな子におすすめの練習方法も、長男のときの体験も踏まえて紹介しています。

この記事はこんな人におすすめ!
  • (2歳の)ストライダーの練習方法を知りたい
  • 2歳がどんな風にストライダーを楽しんでいるか知りたい
  • 慎重な子供がストライダーに乗れるようになる練習方法を知りたい
目次

ストライダーの練習方法のポイント

ストライダーを上手に乗りこなす子達を見せる

まずは、ストライダーを上手に乗っている子達(お手本)を見せることが大切です。

年の近いお兄ちゃん・お姉ちゃんがいるならばストライダーに乗って見せてもらうと良いと思います。

兄弟がいなければ、ストライダーで遊んでいる子が多い公園に足を運んでみると、子供もイメージが湧きやすくなります。

もし、そのような公園がなければ、動画を見せるだけでも子供のモチベーションはアップすると思います。

交通公園や、広めの公園にいけばストライダーで遊ぶ子供は多くいます。

まずはヨチヨチ歩きから

子供自身にストライダーに乗るイメージが湧いたところで、次は実際に乗ってみます。

ただ、最初は本当に「ストライダーに乗って歩いているだけ」レベルでした(笑)

でも、それが大切。またがってこいでみる、そしてハンドル感覚に慣れていきましょう。

必要あれば、サドルの部分を支えて安定させてあげてもよいかも。

「足を足置き場にのせ、親が押す」のも子供は楽しむけど、やりすぎるとそればかり要求されるようになるよ(笑)

よく走るコンクリートの上で

2歳 ストライダー 練習方法
遊歩道は走りやすい道が多いです。

一人でストライダーである程度乗れる(歩ける)ようになれば、次はよく走るコンクリートの上で走ってみましょう。

走る場所によって、走りやすさは変わってきます。

芝生などだとゆっくりになりますが、コンクリートはスピードが出やすくなり、子供もコツをつかみやすくなります。

「大股で!」「たくさん蹴って!」と声掛けしてあげる

ストライダーも自転車もそうですが、「スピードが出るほど、車体は安定」します。

ですが、慣れないうちは怖いので、どうしてもゆっくりになり、車体が不安定になりがちです。

まずは、スピードを出すことが上達への一歩なので、「大股でたくさん蹴る」ことを促す声かけをしてあげると良いと思います。

「大股」の言葉のイメージをつかみやすいように、親が実際に大股の見本を見せてあげると◎。

ゆるい坂道を使って

2歳 ストライダー 練習方法
足を離して乗っているところです。

ストライダーの肝は「足を離した状態で乗れるか」というところだと思います。

それを一番練習しやすいのが、ゆるい坂道です。

最初は歩きながらで大丈夫。ゆるい坂道なので自然とスピードが出るので、平坦な道よりは足が離れる時間が長くなります。

何度も繰り返すうちに、だんだんとコツをつかんできます。

急な坂道だと怖がってしまうので、最初は傾斜がゆるく短い坂道を選ぶのが◎。

ストライダーを乗りこなす友達と遊ぶ

ストライダーの上達のポイントは、何よりストライダーを乗りこなす友達と遊ぶことです。

親は何も言わなくても、子供同士の世界の中で勝手に競い合ったり自慢したりする中で、自然と早くなります。

特に上の子は慎重なタイプでしたが、友達と遊ぶ中だと恐怖心も和らぐようで、スピードが一気にあがりました。

上の子も下の子も、友達と遊ぶ中で、一気にストライダーが上達したよ。

競走やごっこ遊びをしながら

2歳 ストライダー 練習方法

友達と遊ぶときも、友達がいないときも、競争やごっこ遊びをしながらだと楽しめます。

「どっちが速いかな?」「あそこで事件発生!出動!」など、一声かけてあげるだけで、子供はその世界に入ります。

慎重な子は一人の時間も作ってあげる

特に上の子は慎重なタイプで、なかなかスピードがあがりませんでした。

そんなときに、ストライダーが上手な友達と遊ぶようになり、刺激を受けました。

そして、印象的だったのは、その友達と遊んだあと、「ママとパパはここにいて。僕はあっちに行って一人で練習してくるから」と言って、一人で公園の隅で練習を始めたのです。

親から口出しされることなく、自分のペースで納得いくまで練習をしたかったのだと思います。

そしてしばらくして帰ってくると、驚くことにスピードが速くなっていたのです。

どうしても第一子だと親が一緒に見てあげないとだめだと思いがちですが、子供は子供の世界で、自分に合ったペースで上達するのだなと感じました。

ちなみに第二子は基本的に放置でしたが(笑)、ある程度段階を踏んだ練習をしたあとは、上に比べると乗れるようになるのが早かったです。

とにかく褒める

練習をする中で一貫して大切なのは、とにかく褒めまくることだと思います。

「すごい!だんだん早くなってきたね」「足が離れてる時間が長くなってきたね」「ママ走っても追いつけないくらい早いね!」など、具体的に褒めてあげると子供も喜ぶと思います。

目的と好みに合ったストライダーを

ストライダーは大きく分けて、2種類あります。購入するときに目的にあったものを選ぶ必要があります。

ベーシックな標準的な装備が揃っているのは、「クラシック」。

クラシックの方が値段も安価で、我が家もクラシックを愛用しています。

スポーツタイプは、フットステップやハンドルバーパッドがついており、ストライダーカップなどのレースに出場しようと考えている人はスポーツタイプを購入する人が多いです。

また、色も緑、青、赤、ピンク、黒など、かわいい色ばかりなので、是非色選びも楽しんでくださいね。

まとめ

以上、ストライダーの練習方法について紹介しました。

次男も、慎重なタイプだった長男も、紹介した練習方法で2歳後半にはストライダーを楽しむようになっていました。

そして、長男は、ストライダーを乗りこなしていたおかげで、4歳で自転車に補助輪なしに乗れるようになりました。

ストライダーは自転車への乗り換えもスムーズですし、何より子供が本当に夢中になって遊びます!

とても軽いので、2歳の子でも楽しめてオススメ!

今日紹介した方法で、練習して、ストライダーを満喫してくださいね。

ブログ村ランキングに参加しています。

クリックしてもらえると励みになります!ブログランキング・にほんブログ村へ

適当おかんの日日是好日inオーストラリア - にほんブログ村

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●夫の転勤により、家族でオーストラリアへ。2児とともに日々を奔走中。
●基本的にズボラでてきとーなおかん。
●子供と楽しめる、ゆるい知育や絵本が大好き。
●とりあえず日々親子で楽しく過ごしたい。
●育児、知育、絵本、海外生活について、のんびり発信中。

コメント

コメントする

目次
閉じる